志望動機書が【専門的すぎる】と落とされます

面接時はもちろんのこと、
志望動機というのは、
時に書く必要があります。

今回はそのような観点で、
実際に志望動機書履歴書の志望動機欄
エントリーシート(esシート)
志望動機欄を埋める際に、
どう書くべきかを見ていこうと思います。

これは志望動機にしても、
履歴書にしても、職務経歴書にしても
エントリーシート(esシート)にしても
言えることですが、

応募書類を書く際
重要なことは専門用語を使いすぎることは
避けるべきです。

これはどうしてかと言えば、
通じないからです。

もしも、応募企業で良く使う
専門用語ならある程度通じますが、
全く違った業種

そして案外忘れがちなのが、
面接官がその現場にいるとは限らない
ということです。

専門用語の中には、
現場クラスの人間しか通じない言葉があります。

これは裏を返せば
経営陣ばかりがわかるような
横文字を並べ立てても
通じない可能性があるということです。

例えば、

コンプライアンスという言葉が良く言われていますが、
実際の意味合いは法令順守という言葉ではありません
元々の意味合いは命令に従うという意味です。
つまり企業内のコンプライアンスは、
コーポレートガバナンスの基本原理の1つということです。
そのため企業におけるコンプライアンスとは
ビジネスコンプライアンスとして考えるべきである。」

と言ったところで通じる方には
通じるでしょうが、
わからない方には全くわからない内容かと思います。

他にも、
工業系統の専門用語で言えば、
原子力発電所の内容で言ってみましょう。

1986年12月にアメリカで起こった原発事故。
二次系配管のギロチン破断事故がありましたが、
破断が発生した箇所の材質は加圧水型軽水炉
一般的に採用されている炭素鋼であり、
耐食性が高いとは言えない状態でした。
そのため一部分が著しい減肉(エロージョン/コロージョン)
が進行しており、破損しました。
結果、対策として耐エロージョン/コロージョン特性に
優れたステンレス鋼を採用すること。
ならびに流速を抑えるために配管口径の大きな配管を採用しました。」

と語っても関係者ではない限り、
そうそう通じません

2つの極端な例を挙げてみましたが、
こういったことを書いて、
企業に送る方が、結構いらっしゃいます

難しいことを難しいままの文章
送ることはやってはならないことです。

では次項については、
このことについてもう少し詳細
書いていこうと思います。

「志望動機は何ですか?」という言葉にドキッとした人へ

面接で聞かれる志望動機ですが、自分で考えたのが良い出来だと思っても、面接担当者にはマイナス印象を与える場合があります。

当サイトでも基本的な作り方を紹介してますが、転職のプロ(エージェント)の力を借りると凄いです。面接通過率が格段に良くなる程です。

転職エージェントを使う人・使わない人では、転職成功率から給与UP率まで大きく差がでます。
面接で失敗してからでは遅いので、まずは僕がオススメする転職エージェントについて調べてみてください。

面接での志望動機が不安なら!相談できるコンサルタント多数!

DODA:デューダ

DODA:デューダ

総合評価コンサル

コンサルサポート

求人数求人数

面接時の心配があるならDODA(デューダ)に任せておけばほぼ大丈夫です!業種に専門特化しているキャリア・アドバイザー採用プロジェクト担当者2人体制であなたをサポートしてくれます!面接前後のフォローがしっかりしており、面接前は「企業が求める人物像」に沿った面接練習をし、面接後も企業が受けた印象を教えてくれたりします。それにより2回目の面接でもイメージを崩さす臨むことができたりします。面接に不安を抱える人は特に登録をオススメしたい転職エージェントです。

オススメの人

  • 面接や面談に自信がない方。
  • 自分のキャリアに悩み、転職の方向性に迷っている方。(専門家が相談に乗ってくれる)
  • 進みたい業界の詳細な情報を知ってから転職したい方。

口コミ・評判は?

  • 企業の面接を想定した練習で、マイナスイメージを徹底的に取り除けたので、安心して面接を受けれた。
  • 今の自分がわからず、志望動機も見つけれなかったが、アドバイザーと面談することで、自分の価値(キャリア)を発見できた。
  • 同業他社への転職で、今後の業界の流れを踏まえて伸びそうな企業を紹介してもらえた。

公式サイトはこちら

志望動機や面接に悩む方にはぜひオススメしたい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合評価コンサル

コンサルサポート

求人数求人数

業界職種に精通したキャリアコンサルタントからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの 情報提供を受けられるマイナビエージェント。情報量・質ともに申し分なく、業界のプロがあなたに合った志望動機を考えてくれるので、書類・面接通過率が高い!

オススメの人

  • 志望動機に悩んでいる方
  • 面接が苦手で克服したい方
  • 転職したい業界の情報が欲しい方

口コミ・評判は?

  • 志望動機を一緒に考えて、面接の練習に付き合ってくれた。
  • 求人案件の細かい現場の情報を教えてくれる。
  • 就職が決まった後も、親身に接してくれた。
  • 面接や経歴書のアドバイスがとても良かった。
  • レスポンスがあまり良くなかった。

公式サイトはこちら

転職実績ナンバー1!大本命の大手だから登録は必須!

リクールートエージェント

リクールートエージェント

総合評価コンサル

コンサルサポート

求人数求人数

最も有名で転職成功実績No.1のリクルートエージェント。大手ならではの求人数・情報量の多さが売り。それゆえ、初心者・未経験者歓迎からハイクラス・役職レベルの求人もあり。ただ、多いて故に支援の手厚さ・エージェントの質にムラがあると言われる。他の転職エージェントと併用するとかなり便利。

オススメの人

  • 転職初心者
  • 年収アップを目指しているハイクラス層

口コミ・評判は?

  • 他では出会えないニッチな業種の案件も紹介してくれる。
  • 求人がとにかく豊富で、とりあえず登録しておく価値はある。
  • 未経験の職種も紹介してくれるし、親身にサポートしてくれた。
  • 大手だからなのか、対応が事務的な感じがした。

公式サイトはこちら

SPONSORED LINK

前の記事


次の記事

合わせて読みたい!こんな志望動機書は絶対に落ちる!の関連記事

志望動機に困ったらプロに任せよう。

 

人気の記事